投稿日:2013年7月21日|カテゴリ:院長コラム

 うーむ、そうですねー、・・・・ 当院にみえる患者さん、当然奥様ですが、とても多くの人が夫を嫌悪しており、夫の悪口をしゃべりまくるのです。もちろん、奥様方は、心身医学的訴えでみえるので、それなりの診断名を有し、処方もしているので、「夫嫌い」の訴えで当院が受け入れた訳ではありません。しかし何度か話を聞いているうちにだんだん夫の悪口になって来るのです。ひょっとして、奥様のストレス源が夫に対する不快感かもしれないので、私としても無視はできないのです。「夫に頼らないで生活できる能力を獲得したら離婚するんだ」てな具合で、バイトを始めたり、資格の勉強を始めたりしています。夫の家庭での行動はボロクソに言われています。せっかく恋愛結婚したカップルが多いのに、恋愛時代には相手にいい所しか見せないので、同じ屋根の下で暮らして初めて分かってビックリするのだと思います。夫側に反論は有るでしょうが、残念な事態ですね。一方、男性患者から妻への批判や嫌悪感が聞かれるのは極めて稀な事です。第3者的存在の医師への気持ち、感情発散が女性患者と男性患者とでは違う様ですね。 dns server