投稿日:2012年11月22日|カテゴリ:院長コラム

 新しく下剤が発売されました。何年ぶりの下剤でしょうか。アミティーザと云ってアボットからの発売です。ところで下剤と云うとある患者さんを思い出します。私が防衛医大の内科病棟に居て夜の仕事をしていた時、救急搬送されてきた20歳ぐらいの女性がいました。主訴は激しい腹痛です。先輩が当直でしたが、原因不明で、私に応援依頼が来ました。急性腹症です。すぐ救急室に駆けつけ、診断にあたりましたが全く分かりません。婦人科医をオンコールで呼び出したり、外科医も呼んだりと大騒ぎになりました。でも分からないのですよ原因が、本人は痛がっているだけで心当たりはないと云うことでした。そのうち何かの切っ掛けで、先輩の当直医が浣腸してみようと思い立ち、実行したところ、大便がしこたま出て、腹痛はケロッと治ってしまいました。便による腸閉塞だったんですね。翌朝、その女性が母親に付き添われて謝りにやって来ました。
 新発売の下剤、よく効いてくれるといいですね。 top domains . clubsobeys.com