投稿日:2020年6月28日|カテゴリ:院長コラム

 最近、ボディーガードと云う番組を毎週見ていますが、内容が文学作品化して、あまり面白くないですね、ボディーガードの格闘シーンを期待しているのに、一時間中わずかの時間しか取られていません。キムタクは嫌いではないのですが、私は斉藤工が好きですね。背高のおねえちゃんも好きです。ところで、警備でも、警察でも、空手は繰り出しませんね、大抵合気道です。相手を傷つけるとまずいですからね、でもわたしの師範あの鬼神、矢原紀美夫氏が経営する、警備会社では、当たり前に空手は使うと思いますが。ところで今日のテーマです。治らない舌痛症の方は、何を施しても治りませんね、薬としては、安定薬、抗うつ薬、向精神薬、抗炎症薬、ありとあらゆる漢方薬、リリカやトラマールの類の薬、塗り薬、全滅です。そこで、今回面白い論文を目にしました。舌痛症の人の7割は「燃え尽き症候群」だというのです。なるほど、当たっているのではないでしょうか。でも、コロナ同様、治療薬の決定打が欲しいですね。