投稿日:2019年10月8日|カテゴリ:院長コラム

 しばらく前までは拍手を持って賞賛されていた子宮頸がん予防ワクチンでした。ヒトパピローマウイルスにて発症するとされているウイルスに対する予防接種として期待されました。そして実際、半分は子宮頸がんが予防されるのです。しかし、ワクチン接種で、稀にアナフィラキシーショックを起こしたり、ギランバレー症候群、急性散在性脳脊髄炎などの重大副作用により、ワクチン接種運動はポシャッテしまいました。それでやや義務的接種がなくなってしまい、わたしも、わずか1例しか接種していません。WHOはまだ推奨していて、各国は義務的に接種しようという動きです。ルワンダの様な開発途上国の頸がん阻止率が90%とされているのに、日本は何と世界で20位以下というおそまつさ、経済力低下も似たようなものですが。でも非常におかしいではありませんか!「おかしい」と云えば10月7日にTBSで放映された昭和、平成、令和のヒットランキングを見ていたら、1位がなん
B’Zでした。名前は知っていますが、五木、森よりも上なんです。わたしにとって、半分は知らないグループ、歌手でした。別に三橋美智也、春日八郎まで遡れとは言いませんが、どういう集計方法なのでしょう。1位は舟木一夫、「高校三年生」でしょう。森昌子などの花の中3トリオはどうしたのでしょう。8年間歌謡界のトップに君臨した橋幸夫は?。ミスターチルドレンがトップであればまだ、まだ、多少納得しますが。とにかくこの番組はおかしい。谷村、堀内のアリスは?ZARDは?
 カラオケもおかしい。「好きよキャプテン」(りりーズ)「素敵な奴」(叶修二)、・・・・・神様カラオケに入れて下さい。