投稿日:2019年8月7日|カテゴリ:院長コラム

 実は、プロ野球でオールスター戦が行われていました。皆さんご存知ですか。やっていたんですよ。セ・パ さてどちらが勝ったのでしょうか。途中までは全パがオールスター戦5連勝と言っていましたので、セがひっ繰り返したのかどうか?知りません。ただ、アメリカに引き抜かれて大活躍している投手は、ダルビッシュ有、田中、大谷翔平、涌井など全員オールパ出身です。不公平だと思いませんか、パリーグは衰退します。でもセパ交流戦、オールスター戦、いずれも勝っているのはパリーグです。誰か解説してください。
 今小泉進次郎と滝川クリステルとが婚約したニュースがズ-ト流れていて、今、俳優の小泉孝太郎がインタビューをうけています。
 今回の話題は、眠剤のベルソムラです。従来のベンゾジアゼパム系と異なり、依存性が少ないなどの宣伝効果が奏功し、売り上げ高ではトップをを走っています。数としてはマイスリー(ゾルピデム)ですが。神経興奮を起こさせるCYP受容体遮断させ眠気を出させる様です。ただ、我々医師は、入眠の切れ味が良い薬を出したがるので、昔、ハルシオン。今、マイスリーをえらびます。しかし、寝つきが悪い人に対しては、1時間前にはベルソムラを服用し、布団に入る直前にマイスリーを使うと云う2ステップ方式をとってみたりしています。眠剤を飲むと止められなくなるという噂、私は止められなくなった人を見た事が有りません。眠剤を飲むと認知症になり易い。私はそのような人を見たことが有りません。これらの噂は何十年も前からしぶとく存在するもので、気をつけてください。