投稿日:2018年8月31日|カテゴリ:院長コラム

 この夏は、まだ続いてますが異常ですね、猛暑障害注意報が出るぐらいですから、おかげで昔なつかしい、三ツ矢サイダーを飲む様になりました。最近定年過ぎの年代の我々が集まってクラス会が開かれる様になりました。私は出たり、出なかったりですが、古い昔にノスタルジーを感じる年代だと思います。この前母校(高校)がテレビで紹介されました、結構な長さの枠組みでしたが、前に居た妻は無興味で一瞥もしませんでした。つまらないと言えばつまらないのですが、つい見てしまうのが、知っていると”鼻高”と云う番組です。国民の30%は知っているという設定です。でもね、私、全然分からないのです。毎回毎回分からないので、私、痴呆にあたりますね。
 今回は風邪の治療の話です。鼻腔、咽頭 喉頭あたりの炎症を感冒と云います。そこで便利な薬PL顆粒が登場します。いにしえからの薬です。主要はアセチルサルチル酸です。サルチルサンアミド、PL1包、1gあたり270mg含まれていますし、アセトアミノフェンは150mgも加わっています。この薬本当は4回服用するようにできています。でも私PL4gと書いた事は無く、いつも3gです。その方が他の薬との組み合わせ上便利だからです。また抗ヒスタミン薬はピレチアと同じもので鼻炎に対応します。13.5mg入っています。更に眠気を相殺する作用もあるカフェインが多く入っているのがこの薬の特徴で、60mg入っています。実はPL3gとして1g引いているのは、寝る前にPLを投与すると、カフェインで睡眠障害が起こるのではないかと云う危惧です、4回目の寝る前処方を省いているので、1日3g処方にしてるのです。この薬に文句を言う人はカフェイン量の多さなのですが、私は気にせず、PLをドリンク剤やメガシャキなどとのんでいるので平気です。なお、読者の方はドリンク剤とは一緒に飲まないで下さい。ところで、PLに錠剤が有る事は知られていません。ピーエイ錠です。私は、寝る前にも飲んでもらうためにはこの薬を使っています。特に理由は有りません。