投稿日:2018年5月13日|カテゴリ:院長コラム

 最近のニュースと云えば、米朝の問題ですが、スポーツ界のニュースは大谷翔平選手一本の様な物になっています。昔のイチロー、王長嶋、レベルになっています。皆さんパリーグの首位はご存知ですか、西武です。ではセ・リーグは?広島ですよね、読売は何位でしょうか??。イチローは歴代最高の選手ですが、マリナーズで一体何をしているのでしょう。
 さて、今日のテーマは、糖尿病、近い将来1000万人が罹患すると言われています。私も糖尿病なので、基本定期に身体は弱いと思っています。そのうち、糖尿病が基盤となって、何らかの病気が起こり、早死にするのではないかと思っています。また、自分の血糖値、低血糖に入れば、身体の感覚でおおよその値が分かります。今回発表のテーマは50円大のセンサーを、例えば、腕にでも取り付ければ、すぐその時に測定できます。その都度細い針を体に打ち込んで測定することは無用となります。機械はこのセンサーと血糖を読影する機械とのペアーで1組となり、アボット社の「FreeStyleリプレ」とよばれています。このセンサーをとりつけていますと、シャワー、お風呂入浴可能です。入浴後にビール飲んだらどのくらいの血糖になるか、簡単に分かります。しかし、24時間の血糖が分かる事が重要情報です。当然24時間血糖、寝ている間の血糖値も分かる訳で、医学界としても、糖尿病→糖尿病性腎不全→透析→尿毒症→終わり。の連鎖をどうしても切りたいところです。この「FreeStyleリプレ」を発表したのは、東京慈恵会医科大学、糖尿病、代謝、内分泌内分泌科の西村医師です。昔から慈恵医大は糖尿病では優れている印象をもっています。とにかく優れた発表ではないかと思います。誤解のないように付け加えると、50円大のセンサーは2~3週間で取り換えます。血糖値を読み取るセンサーは、取り換える必要のないものです。例のセンサーにその機械を近づけるとそれだけで、その時の血糖値が表示されます。とても簡単で便利です。
 さて、いまは医者ドラマがテレビで流行っています。TBSのブラックペアン、もう終わりましたが、沢村一樹の名医物、火をつけたのは例のドクターX
ですよね。ただ、医師が、白衣の前ボタンをはずしているのが議論を呼びました。大したことではないようですが、私はちゃんと止めています。